メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

はじめに

視覚が伝わる経路

視覚が伝わる経路

神経信号は、左右それぞれの眼から視神経を通って伝達されます。左右2つの視神経は視交差で交わります。ここで左右の視神経はそれぞれ2つに分かれ、うち1つが互いに交差します。このような経路になっているので、脳は左側と右側それぞれの視野について両眼の視神経から情報を受け取っています。

眼球後部の内側を覆っている網膜には光受容体細胞があり、光を感じとり、それを電気信号として視神経に送っています。視神経はその電気信号を脳へと伝えます。視神経や、脳の後部にある視覚情報を受け取る領域に損傷が生じると、視力が障害されます。視神経に損傷を与える原因としてよくみられるのは、脳下垂体の腫瘍(しゅよう)による圧迫です。

両眼それぞれの視神経は脳の後頭部の領域へと信号を伝えます。その途中にある視交差と呼ばれる部分で、左右の視神経はそれぞれ2つに分かれ、その1つが互いに交差します。このような構造になっているため、視神経に損傷が生じると、その部位に応じて特徴的なパターンの視野欠損が起こります。多くの場合、視神経のどこに問題が生じているかをこのパターンから推定できます。

視野欠損のパターン

視覚を伝達する経路(視覚路)のどこに障害が生じたかによって、視野欠損のパターンは異なります。

たとえば、視神経の損傷が眼球と視交差の間で生じた場合は、損傷を受けた側の眼だけが見えなくなります。視交差が損傷を受けた場合は、両眼で一部の視野が失われます。つまり、右眼は視野の右側の部分が見えなくなり、左眼は視野の左側の部分が見えなくなります。

片側視野欠損は、脳卒中や脳腫瘍などによって視覚路の後ろの方が損傷を受けたために起こる現象で、上記とはまた異なるパターンの視野欠損が起こります。両眼の視野が半分ずつ失われるというパターンです。たとえば、脳の左側で損傷があった場合は、両眼とも右半分の視野が失われます。

ページの先頭へ

次へ: 視神経乳頭浮腫

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件