メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

男性の思春期

思春期とは、生殖能力が十分に備わり、成人としての性の特徴が現れてくる段階のことです。少年の場合、思春期は通常10〜14歳を指しますが、9歳という早い年齢で始まることもあれば、16歳まで続くことも珍しくありません。

思春期になると、脳の下垂体が黄体形成ホルモンと卵胞刺激ホルモンを分泌し、これらが精巣を刺激してテストステロンがつくられます。テストステロンには、ひげや声変わりなどの第二次性徴を発現させる働きがあります。

またテストステロンの作用で、陰茎が長く太くなる、陰嚢、精巣、精巣上体、前立腺が大きくなる、陰嚢の皮膚が黒ずむ、陰毛が生えるなど、男性生殖器にさまざまな変化が現れます。精子の形成は14歳ごろに始まり、最初の射精は思春期の終わりに起こります。

ページの先頭へ

前へ: 男性生殖器の働き

次へ: 加齢による影響

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件