メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

腟の感染症

腟(ちつ)の感染症は、米国では女性が医師の診察を受ける主な理由の1つで、受診数は年間1000万件以上にもなります。症状は通常は不快感だけですが、不快な感じがかなり強い場合もあります。ただし、腟感染症は目立った症状がなくても重篤であったり、その後重症化する場合があります。

腟感染症は腟粘膜の炎症(腟炎)の1種です。炎症には、衛生用品、入浴剤、洗濯用洗剤、避妊用の発泡剤やゼリー、合成繊維の下着などの化学的または機械的な刺激によって生じるものと、細菌、真菌(カビや酵母)、ウイルスなどの感染が原因で生じるものがあります。

腟の酸性度を低下させる(pH値を上昇させる)要因があると、感染を起こしやすくなります。月経直前や月経中、妊娠中には、ホルモン濃度の変化によって酸性度が低下することがあります。頻繁な腟洗浄や殺精子剤の使用、精液も酸性度を低下させます。

腟の中にはたくさんの細菌が常在しています。腟内は通常は、細菌の1種である乳酸桿菌(にゅうさんかんきん)によって適度な酸性に維持されています。この働きが腟内を健康に保ち、感染を起こす細菌や真菌の増殖を防いでいます。細菌性腟炎は最もよくみられる腟感染症で、乳酸桿菌の数が減少し、他の常在細菌(ガルドネレラ属ペプトストレプトコッカス属など)が増加することにより発症します。このような変化がなぜ起こるのかはわかっていません。細菌性腟炎は性感染症にかかっている人や、複数のセックスパートナーがいる人、子宮内避妊具(IUD)を使っている人に多くみられますが、それ自体は性感染症ではありません。性行為の経験がない人やレズビアンの人、セックスパートナーが1人だけの人も細菌性腟炎を起こすことがあります。

特によくみられるのは、カンジダ‐アルビカンスという酵母による真菌感染症(カンジダ症)です。カンジダ‐アルビカンスは皮膚表面や腸管内に常在している菌ですが、これが腟内に広がることがあります。真菌感染症は性行為によって感染する病気ではなく、妊娠中の人、太りすぎの人、糖尿病の人によくみられます。この感染症は月経中に発症しやすくなります。また、免疫系の働きが薬(コルチコステロイド薬、化学療法薬など)や病気(エイズなど)により抑制されている人でも発症しやすくなります。抗生物質の内服薬は、真菌の増殖を抑えている腟内細菌を殺してしまう傾向があるため、腟感染症の発症リスクを上昇させます。閉経後にホルモン補充療法を受けている人は真菌感染症を発症しやすくなります。

腟感染症の中には性交によって感染するものもあります(性感染症: はじめにを参照)。腟に影響を及ぼす性感染症にはクラミジア感染症、性器ヘルペス(ウイルスによる感染症: 単純ヘルペスウイルス感染症を参照)、淋菌感染症(淋疾、淋病)、梅毒、トリコモナス症(原虫による寄生虫感染症の1種)などがあります。尖形コンジローム(性器いぼ)は主に外陰部にできますが、腟内や子宮頸部(しきゅうけいぶ)にもできることがあります。

小児の腟感染症では、おもちゃなどを腟に挿入して細菌感染が生じることが最も多く、酵母などの真菌による感染は比較的まれです。性的虐待が原因で、性感染症として腟に感染を起こすこともあります。

水分を吸収しにくい素材でできた、きつい下着によって外陰部が刺激されたり蒸れたりすると、細菌や真菌による感染が生じやすくなります。外陰部が清潔に保たれていなかったり(排尿、排便後の処置が不適切な場合など)、指でいじったりする(ときに女児でみられる)ことによっても、感染症にかかりやすくなります。

主な腟感染症

感染症

症状

合併症

治療薬

細菌性腟炎
  • 白、灰色または黄色を帯びて濁った、生臭いにおいの水っぽいおりものがみられ、性交後に量が増えることもある
  • かゆみやヒリヒリする痛み
  • 骨盤内炎症性疾患
  • 絨毛羊膜炎
  • 分娩後や手術後の子宮感染
  • メトロニダゾール(最初に使用される。腟用ゲル剤または内服薬)
  • クリンダマイシン
クラミジア感染症
  • 多くは無症状
  • 黄色い膿のようなおりもの
  • 頻尿
  • 排尿時の痛み
  • 腟からの不正出血
  • 骨盤内炎症性疾患
  • 卵管の感染や瘢痕化
  • アジスロマイシン
  • ドキシサイクリン
  • オフロキサシン
  • テトラサイクリン
性器ヘルペス
  • 外陰部、腟、子宮頸部に痛みを伴う水疱ができ、破れて浅い潰瘍になる
  • かゆみ
  • 発熱やインフルエンザに似た症状が現れることがある
分娩時に感染していると新生児に重大な感染症を起こすことがある
  • アシクロビル
  • ファムシクロビル
  • バラシクロビル
淋菌感染症
  • 膿のようなおりもの
  • 頻尿
  • 排尿時の痛み
  • 発熱
  • 骨盤部の痛み
  • 骨盤内炎症性疾患
  • 卵管感染症
  • 関節炎
セフトリアキソンと、アジスロマイシンまたはドキシサイクリンの併用
梅毒
  • 腟や外陰部に無痛性の潰瘍ができる
  • 後に発熱やインフルエンザに似た症状が現れる
まれに重度の心臓病や脳障害を起こす ペニシリン
腟トリコモナス症
  • 黄緑色で生臭いにおいがする泡状のおりものが、通常は大量にみられる
  • かゆみやヒリヒリする痛み
重篤な合併症は知られていない メトロニダゾール(内服薬のみ)
真菌感染症(カンジダ症)
  • カッテージチーズのような白いかたまり状のおりもの
  • 中程度から重度のかゆみと灼熱感(ない場合もある)
  • 外陰部が赤く腫れる
重篤な合併症はない
  • ブトコナゾール
  • クロトリマゾール
  • エコナゾール
  • フルコナゾール
  • ケトコナゾール
  • ミコナゾール
  • テルコナゾール
  • チオコナゾール
外陰炎とバルトリン腺炎

外陰部とは、腟口の周囲と女性外性器を含む部分を指します。この部分に炎症が生じた場合を外陰炎といいます。外陰部と腟の両方に炎症が起こった場合は外陰腟炎と呼ばれます。外陰炎の主な原因には、(1)せっけん、入浴剤、下着、香水などが外陰部に直接触れることで起こるアレルギー反応、(2)皮膚炎などの皮膚疾患、(3)カンジダ症や性感染症(ヘルペスなど)などの感染症があります。また、ケジラミが寄生して炎症を起こすこともあります。

外陰炎になると外陰部が赤くなり、かゆみやヒリヒリする痛みが生じます。まれに腟口と尿道口の周囲のひだ(小陰唇)がくっついてしまうこともあります。慢性化すると外陰部の皮膚がただれたり、うろこ状になったり、厚くなったり、白っぽい斑点ができたりします。慢性外陰炎の治療をしても効果が得られない場合には、癌の疑いもあるため、生検を行って原因を調べます。

バルトリン腺は腟口の左右両側にあります。バルトリン腺炎は、片側または両側のバルトリン腺やそれに通じる管の感染によって起こり、腟からの細菌が侵入することで発症します。まれに性感染症が原因のこともあります。腺の中に膿がたまり、痛みを伴う膿瘍ができます。周囲の組織が腫れることもあります。感染は抗生物質の服用により数日で治まりますが、再発することがあります。鎮痛薬で痛みを和らげる場合もあります。膿瘍や嚢胞は切開して膿を出します。

バルトリン腺に通じる管が何らかの原因で詰まると腺が腫れることがありますが、痛みはありません。このような状態をバルトリン腺嚢胞といいます。50歳未満の女性では症状がなければ治療は必要ありません。50歳以上では嚢胞の生検を受けた方がよいでしょう。

症状と診断

腟感染症ではおりものがみられ、外陰部にかゆみや痛みが生じます。おりものの性状や量は原因により異なります。ただれや腫れはあまりみられません。感染症によっては、性交時や排尿時に痛みを感じるようになったり、頻尿になったりします。まれに、腟口や尿道口周囲の皮膚のひだがくっついてしまうことがあります。なお、腟感染症では症状がなかったり、ごくわずかしかみられないこともあります。しかし、治療を受けずに放置していると重大な合併症にもつながるので注意が必要です。

おりもの、腟のかゆみ、においはさまざまな原因で生じるので、こうした症状があれば年齢にかかわらず診察を受けるようにします。おりものがある場合はその情報が原因を突き止める手がかりになります。衛生状態や、症状を緩和するために使用したローションやクリーム(自分で調合したものも含む)など、おりものの原因になりそうなことについて質問されることもあります。また、おりものの始まった時期、陰部にかゆみ、灼熱感、痛み、ただれがあるかどうか、月経周期との関連性、おりもののみられる頻度(おりものがあったりなかったりするのか、あるいは常にあるのか)、過去にもおりものの異常があったかどうか、またその際の治療結果なども質問されます。過去または現在実施している避妊法、性交後の痛みや過去の腟感染症の有無、性感染症にかかっている可能性についても尋ねられます。セックスパートナーに症状が出ていないか、家族の中で陰部にかゆみのある人がいないかどうかも質問されます。こうした情報は、症状の原因を医師が見極め、ほかに治療の必要な人がいないかを判断するのに役立ちます。

診察では内診が行われます。医師は腟を観察しながら、おりものがあれば検査のため綿棒で少量採取します。これを顕微鏡で調べるか培養して、細菌などの微生物を特定します。また、感染が腟の外に拡大していないか確かめるため、医療用の手袋をはめた手の人さし指と中指を腟内に挿入し、他方の手で下腹部を外から押すことで子宮と卵巣を調べます。この検査で強い痛みを感じる場合や、発熱がある場合は、感染が拡大している可能性があります。

予防

外陰部を清潔にし、乾燥を保つことによって感染を予防できます。刺激の少ないせっけん(グリセリンせっけんなど)で毎日洗い、よくすすいで十分に乾かすようにします。肛門からの細菌が腟に移らないように、排泄後には前から後ろに向けてふき取ります。子供には、衛生の大切さや身の回りを清潔にする方法を教えます。

木綿製または裏地が綿のショーツなど、体を締めつけず吸収性の高い下着を着用することによって、通気性が得られ、外陰部が乾いた状態に保たれます。腟洗浄は腟の酸性度を低下させ、骨盤内炎症性疾患などの感染症を起こしやすくするため、腟洗浄のしすぎや薬品による腟洗浄は避けた方がよいでしょう。安全なセックスを心がけ、セックスパートナーの数を少なくすることは、予防手段として重要です。

治療

治療の方法は原因により異なります。

細菌性腟炎では抗生物質を内服するか、腟用のゲル剤やクリームを使用します。細菌性腟炎は通常2〜3日で治りますが、再発も少なくありません。何度も再発する場合は、抗生物質の長期服用が必要になります。腟分泌物の酸性度を高めて細菌の増殖を抑えるため、プロピオン酸ゼリーを使用することもあります。性感染症の場合は再感染を防ぐため、セックスパートナーも同時に治療を受ける必要があります。

真菌感染症には抗真菌薬が使用されます。抗真菌薬には、感染部分に塗るクリーム、腟に挿入する座薬、内服薬があります。クリームや座薬には市販されているものもあります。内服薬は普通、1回の服用でクリームや座薬を使用した場合と同様の効果が得られます。ただし、再発を繰り返す場合は服用回数を増やす必要があります。

トリコモナス症の場合、患者の95%はメトロニダゾールを1回服用すれば治ります。ただし、1回に服用した場合は、少量ずつ数回にわたって服用した場合よりも吐き気や嘔吐を起こしやすい傾向があります。感染症が治るまで、性交時にはコンドームを使う必要があります。

症状を緩和するため、酢酸を水で薄めた液で腟洗浄を行う方法もありますが、短期間にとどめるようにします。氷のうや冷湿布で外陰部を冷やす、冷たい座浴を行うなどの方法で痛みとかゆみが軽減することもあります。座浴の場合には、腰かけた姿勢で性器と肛門の周囲だけを水につけます。ぬるま湯を勢いよく外陰部にかけると症状が緩和することもあります。

免疫力が低下している人、糖尿病の人、尿路感染症などで抗生物質を長期間服用している人など、真菌の感染リスクが高い人は、腟炎以外の感染症が発症するのを防ぐために抗真菌薬の服用が必要になる場合があります。

ページの先頭へ
アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件