メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

はじめに

性機能が正常な状態にある女性では、心(思考と感情)と体(神経系、循環系、内分泌系など)がともに作用して、性的な反応を生じます。性的な反応には、性欲、性的興奮、オルガスム、興奮の解消があります。

性欲とは、性的活動をしたいという願望です。性欲は思考、言葉、視覚、におい、触感により誘発されます。

性的興奮は性に関する興奮状態です。興奮すると、生殖器に流れる血液量が増加します。女性ではクリトリスがふくらみ、腟(ちつ)の内壁が充血し、腟分泌液が増加します。

オルガスムは性的興奮の頂点です。女性では、オルガスムにより腟周囲の筋肉がリズミカルに収縮します。オルガスムの瞬間は全身の筋肉の緊張が高まり、骨盤の筋肉も収縮します。

興奮の解消は、オルガスムに続く幸福感と全身に広がる筋肉の弛緩(しかん)を意味します。女性の多くは、興奮が解消した直後でも新たな刺激に反応できます。

性機能は、身体的要因および精神的要因に影響されます。文化、感情、年齢、それまでの性的経験、薬物の使用、病気の有無も性機能に影響します。性機能の障害は、性交時の痛みや性的反応の問題により、性欲、性的興奮、オルガスムに影響が生じることです。女性の約30〜50%は、生涯のいずれかの時点で性機能の障害を経験します。

ページの先頭へ

次へ: 性交痛

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件