メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

性交痛

性交痛とは、性交時の痛みのことです。

性交痛は、外陰部(腟口も含む)に生じる表面的な痛みもあれば、内臓に圧力がかかることによる骨盤内の深い部分の痛みの場合もあります。痛みには焼けつくような痛み、鋭い痛み、締めつけるような痛みなどがあります。

性交時に生殖器の表面に生じる痛みにはさまざまな原因があります。初めて性交をする女性で腟口を覆う膜(処女膜)が損なわれていない場合は、ペニスが腟に入るときにこの膜が破れて痛みが生じたり、出血することがあります。腟が十分にうるおっていない場合にも性交で痛みを感じます(うるおい不足の原因として多いのは、前戯が不十分な場合や、閉経後のエストロゲン値の低下)。生殖器(外陰部、腟、バルトリン腺など)や尿路に炎症や感染を起こしていると、性交時に痛みが生じることがあります。ヘルペスも生殖器に激しい痛みを起こします。このほかの原因としては、(1)生殖器のけが、(2)ペッサリーや子宮頸部(しきゅうけいぶ)キャップのサイズが合っていない、(3)避妊用発泡剤、ゼリー、ラテックス製コンドームに対するアレルギー反応、(4)先天異常(処女膜が硬い、腟内に異常な壁があるなど)、(5)腟の筋肉の不随意収縮(腟けいれん)などがあります。腟が狭くなるような手術(出産時に破れた組織を修復する手術、骨盤底の障害(骨盤底の障害を参照)の手術など)を受けた人も性交時に痛みを感じることがあります。抗ヒスタミン薬を服用すると、腟が一時的にやや乾燥することがあります。また、授乳している間はエストロゲン値が下がるため腟が乾燥しやすくなります。

加齢によってもエストロゲン値は低下するため、腟の内膜が薄くなって乾燥し、萎縮性腟炎(いしゅくせいちつえん)と呼ばれる状態になります。このため性交時に痛みが生じます。

子宮頸部、子宮、卵管の感染症があると、性交後に骨盤内の深い部分に痛みが起こることがあります。このほか子宮内膜症、骨盤内感染症(骨盤腔内の膿瘍[のうよう]など)、骨盤内の腫瘍(しゅよう:卵巣嚢胞など)、感染症や手術の後に骨盤の組織間に生じる癒着などが痛みの原因となります。ときにはこのような病気により、子宮が後ろに傾くことがあります(子宮の後傾)。子宮を支える靭帯(じんたい)や筋肉、結合組織などが弱くなると、子宮が腟の方に下がることがあります(子宮下垂、子宮脱)(骨盤内臓器の脱出を参照)。こうした位置の変化も性交時の痛みの原因となります。癌(がん)の放射線療法により組織に変化が生じ、性交痛の原因となることもあります。

生殖器の表面や深部の痛みは精神的要因によっても起こります。たとえば、セックスパートナーに対する怒りや嫌悪、肉体関係や妊娠に対する恐れ、否定的な自己イメージ、性的経験のトラウマ(レイプなど)がその例です。痛みが精神的要因に起因している場合は、原因の特定が困難な場合もあります。

診断と治療

診断は症状に基づいて行われ、痛みが起こる場所や状況、性交痛が始まった時期などが重要な情報となります。原因を特定するため、病歴と性生活に関する問診や、内診が行われます。

痛みなどの問題がある間は性交を控えるようにします。ただし、腟挿入を伴わない性行為は続けてもかまいません。

外陰部表面の痛みは局所麻酔作用のある軟膏(なんこう)や座浴により軽減します。性交前に十分に潤滑剤を使うのも1つの方法です。ワセリンや油性の潤滑剤よりも、水性の潤滑剤が適しています。油性の製品を使うと腟が乾きやすくなり、コンドームやペッサリーなどラテックス製の避妊具が変性することもあるからです。前戯にかける時間を長くすることにより、腟のうるおいが増すこともあります。骨盤内の深い部分の痛みは、性交時の体位を変えると軽減することがあります。たとえば女性が挿入をコントロールできるような体位(女性が上になるなど)や、挿入が浅くなるような体位です。

原因によっては、さらに必要な治療を行います。閉経に伴う腟の内膜の変化(薄くなる、乾燥するなど)が原因である場合は、エストロゲンのクリームや座薬を使用したり、あるいはホルモン療法(閉経と更年期: ホルモン療法を参照)の一部としてエストロゲンを内服することで、痛みを軽減できる可能性があります。

炎症や感染症は、抗生物質、抗真菌薬などの適切な薬で治療します(主な腟感染症を参照)。外陰部の炎症(外陰炎)が原因であれば、酢酸アルミニウム溶液に浸した包帯が効果的な場合があります。嚢胞(のうほう)や膿瘍の切除、硬い処女膜の切開、構造的な先天異常の修復には手術が必要です。ペッサリーが合っていない場合は、適切なものに取り換えるか、別の避妊法を試みます。

子宮の位置が痛みの原因になっている場合は、避妊用のものに似たペッサリーを腟に挿入することで子宮を支え、位置を矯正する方法があります。ペッサリーの使用で痛みが軽減する女性もいます。

ページの先頭へ

前へ: はじめに

次へ: 腟けいれん

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件