メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

高ビリルビン血症

高ビリルビン血症とは、血液中のビリルビン値が異常に高くなる状態です。

古くなった赤血球は脾臓(ひぞう)によって取り除かれ、これらの赤血球に由来するヘモグロビンは破壊されて再び利用されます。ヘモグロビン分子中のヘム部分は「ビリルビン」と呼ばれる黄色い色素に変換され、血液中から肝臓に運ばれて、そこで化学的に変性し、胆汁中に排泄されて新生児の消化管の中に分泌されます。そして新生児が便をする際に体外に排出されます。新生児の便に含まれるビリルビンが便の色を黄色くします。

大部分の新生児では、生後数日の間は血液中のビリルビン値が増加するため、皮膚と白眼の部分が黄色くなります(黄疸)。新生児の具合が悪い、または消化管に問題があるなど、何らかの理由で授乳開始が遅れると、血液中のビリルビン値が上昇します。母乳を飲んでいる新生児は、生後1〜2週間の間は血中ビリルビン値がやや高めになる傾向がみられます。

高ビリルビン血症は、新生児が血液の感染症(敗血症)などの重い病気にかかっている場合にも起こります。Rh式血液型不適合(ハイリスク妊娠: Rh式血液型不適合を参照)あるいはABO式血液型不適合などの際に、赤血球が急速に破壊する溶血が起きますが、この溶血によっても高ビリルビン血症が引き起こされる場合があります。

この病気の症例の大半では、血中ビリルビン値の上昇の程度は深刻なものではありません。しかし、ビリルビン値が非常に高くなった場合は、脳が障害を受ける(核黄疸)場合があります。非常に未熟な状態で生まれて危篤状態にある新生児は、核黄疸を発症するリスクが高くなります。母乳を飲んでいることによる血中ビリルビン値のある程度の上昇は、ほぼすべての症例で心配ありません。しかし、やや未熟で、母乳を飲んでいる新生児が、特に早期退院した場合は、高ビリルビン血症がないかをしっかりと監視する必要があります。このような新生児は、ビリルビン値が非常に高くなると核黄疸を発症する可能性があるからです。

症状と診断

高ビリルビン血症の新生児は、皮膚と白眼の部分が黄色くなります(黄疸)。皮膚の色が黒い新生児では黄疸を認識するのが難しくなります。黄疸は通常まず新生児の顔面に現れ、ビリルビン値が高くなるにしたがって下へと広がっていき、胸部、腹部、脚部、足にまで至ります。

高ビリルビン血症で核黄疸の症状が現れた新生児は活動性が低下し、乳をあまり飲まなくなります。このような新生児はただちに医師の診察を受けなくてはなりません。核黄疸が進行すると、新生児は神経過敏、筋肉の硬直やひきつけ、発熱などがみられます。

生後数日間の間に、医師はすべての新生児について黄疸の程度を見極めることが重要です。一部の新生児は、血中ビリルビン値が上昇する前に生後1日で退院してしまい、その後ビリルビン値が高くなり危険な濃度に達してしまう場合があります。したがって、早く退院した新生児は退院後数日以内に、自宅で訪問看護師による検査を受けるか、あるいは医療機関で検査を受けて、ビリルビン値を調べてもらうことが非常に重要です。これは、予定より数週間早く生まれて母乳で育っている新生児に特にいえることです。

医師はまず最初に明るい照明下で新生児を診察し、次に新生児の皮膚にビリルビノメーターという特殊な装置をあてるか、少量の血液サンプルを検査して、黄疸の程度を測定します。

治療

高ビリルビン血症が軽度の場合は、特別な治療は必要ありません。授乳を頻繁に行うと排便が促されるので、腸の内容物からビリルビンが体内に再吸収されることを防いでビリルビン値を下げることができます。中程度の高ビリルビン血症は光療法で治療します。この治療法では、新生児を裸にしてビリルビン蛍光灯の下に置きます。この光は新生児の皮膚にあるビリルビンの構成を変化させ、肝臓と腎臓によってより迅速に排出されるような形態に変えます。このとき、新生児の眼は目隠しで覆います。自宅でも、光ファイバー製の「ビリルビンブランケット」の上に新生児を寝かせて明るい光にあてるという方法で治療できます。これらの新生児は、血中ビリルビン値が下がるまで、繰り返し血中ビリルビン値を調べる必要があります。

新生児が授乳のたびに適切な量を確実に得られるようにするため、まれですが、授乳を一時的に母乳から乳児用調合乳に切り替える必要が生じることがあります。ビリルビン値が下がりはじめたら、母乳での授乳をすぐに再開すべきです。母乳で育っている乳児において、ときに中等度の高ビリルビン血症が数週間続くことがありますが、これは正常な現象で乳児には何の問題もなく、通常は母乳を控える必要もありません。

新生児の血中ビリルビン値が危険な濃度にまで上昇した場合、交換輸血の実施によってビリルビン値をすぐに下げることができます。この方法では、滅菌したカテーテルを臍帯の切断面にある臍静脈に留置します。そしてビリルビンを含む新生児の血液を除去して、同量の新鮮な血液と置き換えます。

ページの先頭へ

前へ: 壊死性腸炎

次へ: 貧血

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件