メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

熱けいれん

熱けいれんは、筋肉の重度のれん縮で、非常に暑い中での長時間の運動と大量の発汗、過剰な水分補充が重なった場合に起こります。

汗をかいている間は、塩分(電解質)と水分が失われます。しかし水分を大量に摂取すると、塩分が薄まりけいれんを起こします。暑い日、特に激しい運動中には大量に発汗します。熱けいれんはエンジン室作業員、製鉄所の作業員、屋根職人、鉱山労働者などの肉体労働者に多くみられます。またスポーツ選手にも多く、特に登山家やスキーヤーのように衣類を幾重にも重ねて着ていると大量の発汗に気づかず、熱けいれんが起こる場合があります。テニス選手やランナーのように、発汗で失われた塩分を、長い時間補給できない人にも多く起こります。

熱けいれんは手、ふくらはぎ、足、ふとももなどの筋肉に生じる周期的な筋肉の収縮です。筋肉が収縮すると硬くなって緊張し、痛みを生じます。

軽度の熱けいれんは塩分を含んだ飲料や食品を摂取することで治ります。重症の場合は静脈から塩分と水分を補給して治療します。

ページの先頭へ

前へ: はじめに

次へ: 熱疲労

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件