冠動脈造影:カテーテルの挿入



冠動脈造影は心臓の診断のための情報を得るために使われます。無菌の状況下で、医師はそけい部の動脈から細いカテーテルを挿入し、心臓まで進めます。その後、心臓の構造を見やすくするため造影剤を注入します。



(Video from Center for Biomedical Communications, College of Physicians and Surgeons, Columbia University.)