体位ドレナージと軽打法



体位ドレナージでは、肺から排泄しやすいように、患者は下り傾斜のところに横向きになって寝ます。治療者は丸めた手で胸壁を叩き、分泌物をほぐすために素速いマッサージを用います。力を入れて咳をするのも痰を吐き出すのに役立ちます。



(Courtesy of Beryl J. Rosenstein, M.D., Johns Hopkins Hospital.)