スパイロメーター検査:使い方



スパイロメーターは肺機能の検査に使われます。患者は正常に呼吸した後、チューブに接続したマウスピースをくわえて素速く深く息を吸い込みます。次にできるだけ肺が空になるように素速く息を吐き出します。こうした呼吸は右側のコンピューターで計測され(これがスパイロメーター)、黒いプラスチックの部品は呼吸が終了するたびに上昇して下降します。



(Video from Lahey Clinic Media Center.)