気管支鏡検査:気道の視覚化



気管支鏡検査は気道を見るために使われます。軟骨の輪と共に気管が見えます。呼吸の間に気管が開いたり閉じたりするのは、肺の組織が弱くなった徴候です。気管の下端では、すぐに左右の肺の開口部の気管支が見えます。



(Video from Lahey Clinic Media Center.)