尿酸結晶



顕微鏡標本(偏光顕微鏡で見ます)は、痛風の診断に使われる、針状の尿酸ナトリウム結晶の存在を示しています。



(From KJ Knoop, Atlas of Emergency Medicine, 1997, McGraw-Hill, Fig. 17.6a; with permission)