持続気道陽圧



睡眠時無呼吸を治療するために、鼻を通して加圧した空気を送り込む器具の持続気道陽圧(CPAP)を装着して使用します。この処置は気道を開いたまま保つのに役立ちます。



(Courtesy of Respironics)