バリウムを飲む:透視検査



透視検査(持続的なX線撮影)は、患者が液体のバリウムを飲み下した後に食道を観察するのに使われます。バリウムが通過するにつれ食道が収縮するのが見え、バリウムは胃や小腸に入っていきます。



(Courtesy of Howard Lee, M.D.)