胃炎



異常な内視鏡像が、胃の内膜の重度の炎症とびらん(矢印)を示しています。これらの所見は胃炎に典型的です。丸くて黒っぽい領域は、胃と十二指腸の接合部(幽門)です。



(From MH Spiro, Clinical Gastroenterology, 4 ed, 1993, McGraw-Hill, Pl. 25; with permission of the author.)