内視鏡的逆向性胆道膵管造影



異常な内視鏡的逆向性胆道膵管造影(ERCP)、胆道のX線写真の一種が、膵管の狭窄を示唆する、白い色素の不規則な流れを示しています。この所見は膵炎に典型的です。



(From SI Schwartz, Principles of Surgery, 6 ed, 1994, McGraw-Hill, Fig 30-7; with permission.)