ブドウ球菌



顕微鏡標本で、黄色ブドウ球菌の存在(紫色の点が群をなしている)が見えます。このどこにでもいる細菌は、食品を汚染して食中毒の原因になることがあります。



(Photograph from Medichrome/David York.)