結腸鏡検査:生検標本を採取する



結腸鏡検査は、大腸を観察するために使われる内視鏡検査の一種です。腸の内側は、はじめはなめらかで正常に見えますが、後に膨らんで変色した異常なできものが見えてきます。次に、できものをつかみ取るために、内視鏡を通して金属ワイヤー付きの小さなクリッパーが挿入されます。生検のために組織標本を切除します。生検後には少量の血液が見られますが正常です。



(Courtesy of Jerome D. Waye, M.D.)