母斑と非定型母斑



ドーム型で表面が滑らかな、黄色〜茶色の典型的な母斑が顎に見えます。右側は境界が不規則な大型の非定型母斑、そして悪性黒色腫の丸くて黒い増殖物が頬に見えます。



(From TB Fitzpatrick, Color Atlas and Synopsis of Clinical Dermatology, 3 ed, 1997, McGraw-Hill, Fig. 8-3, 9-9; with permission.)