妊娠中の超音波検査:方法



妊娠中の超音波検査は、胎児の心拍その他の情報を検出するために使われます。技師は伝導性を良くするジェルを女性の腹部に塗り、トランスデューサー(超音波をとらえて電気信号に変換する器具)を使って腹部を走査します。トランスデューサーは超音波を放射し、胎児を含む女性の内臓の構造をモニターに映し出します。



(Video from Center for Biomedical Communications, College of Physicians and Surgeons, Columbia University.)