喉頭蓋炎



左側の喉の内視鏡像は、気道がほとんど完全にふさがっている(矢印)ことを示しています。この所見は喉頭蓋炎に典型的です。右側は、気管内チューブを挿入し抜去した後で、発赤と出血がいくぶん残っているものの、気道は開通しています(矢印)。



(From KJ Knoop, Atlas of Emergency Medicine, 1997, McGraw-Hill, Fig. 14.37-38, courtesy Department of Otolaryngology, Children's Hospital Medical Center, Cincinnati; with permission.)