異常な常染色体劣性遺伝子の遺伝



常染色体劣性遺伝の病気の遺伝子を1つ持つ人は、キャリア(保因者)です。これは本人は病気を発症しませんが、娘や息子には異常な遺伝子を伝える場合があるということです。もし両親のどちらも常染色体劣性疾患(X連鎖ではない)のキャリアである場合(黒丸で示した異常な遺伝子と白丸で示した正常な遺伝子を1つずつ持っている)、それらは子供にも受け継がれます。それぞれの子供は、正常な遺伝子を2つ受け継ぐ確率が25%(正常です)、正常な遺伝子と異常な遺伝子を1つずつ受け継ぐ確率が50%(キャリアになります)、異常な遺伝子を2つ受け継ぐ確率が25%(病気を発症します)、となります。