血管形成術を理解する



冠動脈形成術は、冠動脈疾患が原因で損傷を受けた心臓の組織(灰色で表示)の血流を回復するために行われます。医師は大きな末梢動脈、通常は脚の大腿動脈、を注射器を使って穿刺します。先端にバルーンのついた細いカテーテル(チューブ)を、針を通して挿入し、ふさがった冠動脈に届くまで動脈や大動脈の中を進めていきます。その後閉塞が開通するまでバルーンを膨らませます。