僧帽弁狭窄を理解する



心臓の左側にある心房と心室の間の血流を調節する、正常な僧帽弁を左に示します。右に示した僧帽弁狭窄では、病的な僧帽弁が狭くなり、本来の広さまで開かなくなります。この欠陥は、心房から心室への血液の流れを部分的に制限します。