食道の働き



食事をすると、食べものはのど(咽頭)を移動し、上部食道括約筋を通過して食道に入ります。ぜん動と呼ばれる筋収縮の動きによって、食べものは食道の下方に進んでいきます。その後、食べものは下部食道括約筋を通過して胃に入ります。