胃酸の逆流を理解する



胃酸の逆流は、下部食道括約筋が適切に機能していないときに起こることがあります。通常なら、食べたものは咽頭、上部食道括約筋、食道、下部食道括約筋を通過して胃に入ります。しかし胃酸逆流では、障害のある下部食道括約筋を通過して、胃の内容物が食道に逆流し、胃酸のために食道が損傷します(例:痛み、炎症)。逆流した食べものは胃の中に戻ります。