血餅: 血管の破れ目を塞ぐ



血管の壁が破れると出血が起こります。出血の制御(止血)が始まり、血液中の血小板が活性化して(形を変えてトゲができる)、損傷部位に付着します。血小板は血球、コラーゲン、その他のタンパク質と網を形成します。この網は不溶性の長いひも状のフィブリンによって補強され、より多くの血小板や血球を捕らえて、傷口を塞ぐ血餅を作り出します。血管が治ると、血餅は溶解します。