Tリンパ球はどのように抗原を認識するか



抗原は体にとって異物です。Tリンパ球は免疫監視システムの一部で、直接には抗原を認識できません。そのため、抗原は最初に抗原処理細胞(マクロファージ)に取り込まれます。マクロファージの酵素が抗原を断片に分解し、断片は主要組織適合複合体(MHC)の分子に結合します。この新しい抗原分子はマクロファージの表面に移動して、Tリンパ球の受容体に認識され、Tリンパ球と結合します。