気道はどのように狭くなるか



喘息では、何らかの刺激物(例:花粉、タバコの煙の粒子、冷気)を吸い込むと、気管支平滑筋のけいれんを起こすことがあります。気道の内側の組織(粘膜)は、炎症を起こして腫れます。粘液が分泌され、気道に栓をします。これらのすべてに気道の内径を狭くする効果があります。